記事一覧

Ferrari 456GT 1992 PORJECT 43

ファイル 62-1.jpgファイル 62-2.jpgファイル 62-3.jpgファイル 62-4.jpgファイル 62-5.jpg

テスト車両決定です。

以前デカールの少ない車でクリアーのテストをすると書いておりましたが、車種はFerrari 456GT(PORJECT43)のキットが手持ちにありますのでこのキットでテストをしてみたいと思います。

今回はクリアーのテストをメインにしてますのでさらっと流す感じかな、ポンティアックを早く片付けないと

1枚目はボディー全体を撮影していますが右下角の画像をよく見ていただくと分割式ダッシュボードの中央部分に隙間があります。
歪としてはボディー側(センターコンソール側)が落ちている感じです。
その部分を熱湯風呂に入れても修正は不可能では?
ダッシュ部分とセンターコンソールは一体なので形を変える事はできないのではと思います。
そこでパテでツラを合わせて修正し組みます。
あとは大きな変形も無く現状のパーツでOKとします。

1992年の車両はダッシュボードのデザインが古い。
465GTで画像を探すも全てが把握できる画像を見つける事は現状できていません。(山勘が大活躍するでしょう。)

2枚目がスーパーグロスコートですが今一性能(使い方)がよく解りません。

3枚目~5枚目の画像は説明と成分ですが細かい表記が無く解かりません。

多分以前に使った時はデカールが浮いていたりして問題が出た気がします。

ぼちぼち行きましょう。