記事一覧

LC1 ボディー補修

MERIのキットの悪いところはメタルのまわりが悪いと言うのか、細部が綺麗な原型をしてません。

その1つに、コックピット左側は薄すぎて紙同然、ましてちぎれかけ状態です。
ファイル 338-1.jpg

そこで洋白0.2をハンダで付けました。
私の作成は適当が多いので洋白は上の部分だけハサミで切りながらボディーの形に合わせ、メタルがすぐに溶けない様になるべく放熱効果を狙い大きめの洋白をまずはとめます。
ボディーに上手く接着を確認したら小さめのハサミでカット
0.2だと問題なく100均のコスメ用のハサミで切れます。
後はペーパーで切り口をならしておしまいです。
完成はこちら
ファイル 338-4.jpg

次にロールバーの入る溝を大きめにカット 結構広めに取りましたがウレタンの厚みで取り付け時に少し削りました。
ファイル 338-3.jpg ファイル 338-2.jpg

後はリアウイングをエポキシで固めてますが、切り込みの溝の長さが左右で少し違います。
見えないところなので気にしない。
ファイル 338-5.jpg