記事一覧

キット計画 第4章 パート2

主なパーツを瞬着で留めて仮組をしてみた。
ファイル 1962-1.jpg
さすがダイカストから移植、プロバンスやスタータとは違う
何が違うか、薄いのです。
シャーシもペラペラ、座席位置を決めるパーツも薄い
そもそも何点かのパーツを組み合わせて形にしているので1個ずつのパーツは薄いのです。
抜く時が大変で薄いのでレジンのまわりが微妙です。

室内も完璧
ファイル 1962-2.jpg
このへんは逆にいいディテールかも?

失敗発覚
ファイル 1962-3.jpg
左は初回のボディー、右は今回抜いたボディー
あきらかに胴体の幅が広がっている。

ファイル 1962-4.jpg
シャーシと合わせると片側で1mm~1.5mm開いているのでは

この失敗は粘土を詰める時に広がったんでしょうね。
いかにボディーの肉が薄いかです。

中途半端な事をしないでキッチリ作れと言うお告げと受け止め
一からやり直しです。
既にシリコンは4kg使用
買い足しをしないと出来ません。痛い出費です。