記事一覧

FERRARI 312PB 1972

先月GASさんとRaccoonさんで会った時に購入した黒いやつの正体はSRCの312PBなんです。

このKITお手つき中古・デカール無しで購入したのですがどうも手におえそうな内容ではありません。

KITの内容はこちらで紹介されているほうが間違いないと思います。
http://www.wretch.cc/blog/whyseewhy59/12186116
(このKITはお高いKITのようです。)

以前問題点として2つあると書いていたのですがパーツの欠品チェックをする意味で並べてみました。

ファイル 1188-1.jpg
欠品はシフトレバーのみ

今オークションでも新品が出ていますがやはりシフトレバー欠品とあります。
多分SRCの事だから元から無い可能性大では?
(パーツ欠品率NO1のKITメーカーらしいですから)
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e115265367#enlargeimg

1つの問題点は解決したのですが、この問題点は解決をどうするべきか悩みます。
ファイル 1188-2.jpg ファイル 1188-3.jpg
ボディー幅が1mmぐらい違うんです
前オーナーさんが薄くしすぎたのか、元から小さいのか?

自分が作るとするとリアのカウル幅を削って帳尻を合わすしかないのかな?

GASさんは過去に組まれたらしいので今度お会いした時にじっくりアドバイスを頂く事にします。

しかし恐るべし黒い箱
最近SRCのKITを何点か購入しましたが、見れば見るほど強敵です。
素人では半年かかっても完成しないのでは?
ゼツモさんもSRCのRA-300を作られていますがあれも強敵なんでしょうね。

コメント一覧

GAS URL

こんにちは。私がPB作ったのは多分もうかれこれ10年くらい前かも…。
なので記憶がイマイチあやふやなんですが、たしかモノコックのサイド部分とフロントサス周りはアルミやら洋白で作り直した記憶があります。
作ったものは随分前に人にあげちゃったので残念ながら今は手元にありません。
写真を拝見したところリヤのカウルの幅が広すぎるようですが、カウルの真ん中を切断して幅を詰めた方がいいかもしれませんね。
肉厚が薄くてハンダが危険そうなら薄い真鍮板なんかで裏打ちしてエポキシで接着でもいいかも…。

2011年06月06日(月)00時28分 編集・削除

Ws43

GAS様

こんばんは

アドバイスありがとうございます。
リアカウルの中央切断が一番簡単で確実な気がしますのでチャレンジしてみます。(作る気になった時)

初めて自分が組む目でKITを眺めると黒いやつはかなり強敵である事が予測できます。
皆さんこの手のKITを組まれているのかと思うと凄いなーと関心するばかりです。

2011年06月06日(月)01時40分 編集・削除